社長メッセージ

社長メッセージ

ここからV字回復へ!
~ライブIPの復活とグローバル伸展~ 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は2007年にトレーディングカードゲームの制作・販売を中心に各種コンテンツプロデュース業務を行う会社として設立いたしました。多くのアニメ・ゲームIP(Intellectual Property:知的財産)に参戦いただいているトレーディングカードゲーム「ヴァイスシュヴァルツ」、トレーディングカードゲームの枠にとらわれずあらゆるメディアミックスを行う「カードファイト!! ヴァンガード」を中心に成長し、時代の潮流や本質を見極めながら発展していく中で「新日本プロレス」や女子プロレスの「STARDOM」の参画、音楽IPとして「BanG Dream!(バンドリ!)」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「D4DJ」「ARGONAVIS from BanG Dream!」などの作品を生み出してまいりました。

当社グループは「IPディベロッパー」という事業戦略を掲げており、それはIPに翼を授けるかの如く、様々な施策でIPを飛翔させるメディアミックスサービスであります。既存のIPを持続的に運用しながら、新しいIPを創造・追加していくことで、提供するサービスの本数を年々拡充します。今後とも我々はIP開発投資を継続し、IP関連企業の皆様とのアライアンスに積極的に取り組むことで、ともにIPサービスの幅を広げてお客様のご満足最大化に努めてまいります。

2021年7月現在、新型コロナウイルスの影響でリアルの音楽ライブ、舞台、プロレス興行などの実施に制限があり、様々なライブIPを抱える当社グループには厳しい経営環境が続いております。一方、約1年半が経過しているこのパンデミックの影響で、サブスクリプションや視聴チケットの購入をして映像配信を楽しむ方々は世界的に増加し、日本の誇るアニメもグローバルに広がりをみせていると考えております。世の中では自分の好きなコンテンツを世界中から見つけ出し、世界中のファン同志が国境を越えてコミュニティを形成し、関連サービスを思い存分楽しむスタイルが一般化してまいりました。

ここから、世界的なワクチン接種の進行によりこのパンデミックの影響も徐々に回復し、音楽ライブや興行をはじめ様々なリアルイベントも復活に向かうものと考えております。そして、掘り起こされた日本アニメ関連需要の世界的な高まりに乗ってブシロードグループ全体でグローバル展開を伸展させることで、V字回復を目指してまいります。

 

2021年7月
株式会社ブシロード
代表取締役社長 橋本義賢
橋本義賢