スポーツ振興への貢献

スポーツ振興への貢献

人々に感動や興奮を与える広義での“エンターテインメント” の普及のため、ブシロードグループはスポーツ業界の発展に貢献することを目指しています。レスリング選手の育成を目的とした「ブシロードクラブ」の運営をはじめ、スポンサードという形でさまざまなスポーツを支援していきたいと考えています。

2012年7月 オリンピック出場を目指すレスリング選手を育成することを目的とした「ブシロードクラブ」発足
2017年12月 ブシロードクラブ所属・山口剛選手が「天皇杯 全日本レスリング選手権大会」で優勝

  • ブシロードクラブ1
  • ブシロードクラブ2

ブシロードクラブとは

2012年7月、レスリングでのオリンピック出場を目指す選手を育成することを目的に、株式会社ブシロードが全面バックアップしていく新規プロジェクトとして誕生したレスリングチーム。監督には新日本プロレスの永田裕志選手が就任し、ブシロード・木谷高明取締役とのスカウト活動は大きな注目を集めています。
ブシロードクラブでは、アマチュアレスリングに打ち込める環境を提供する他、本人の希望があれば新日本プロレスのリングでプロレスラーとして活躍することも可能です。
現在は山口剛(フリースタイル97kg級)、オレッグ・ボルチン(カザフスタン/フリースタイル120kg級)と2名の選手を擁し、2020東京五輪を見据えて国内はもちろん国際大会でも目覚ましい活躍を見せています。

ブシロードクラブとは